ディメンションW


 こんなに一つのアニメに嵌まったのは、何十年ぶりだろうか。恐らくは、高校時代に嵌まった 「うる星やつら」のラム以来だ。
 今度は、ミラ(不遇なロボット乙女)とキョーマ(無粋な中年男)というペアにぞっこんな感じ。 ミラの乙女キャラとしての魅力もさながら、キョーマのキャラも自分に重ねられる部分が多く、感情移入し易い。 比率的には6:4くらいだが。
 この二人、今回のアニメ(全12話)では、残念ながらほとんど進展なく終ることになりそうだ。 アニメはまだ序盤中途の原作に引っ張られる形で、メインストーリーが破綻した形になった。 アニメオリジナルの展開も多少は期待して、最終話の放映が終るまでは原作(全9巻・アニメは10巻までの話) は封印しているのだが、原作はまだこの数倍は続くだろう。 3年後くらいに最初からアニメ化されるのを期待して、それまで全力で応援していく覚悟である。

ディメンションW 公式サイト

 この絵は入手先が不明なのだが(誰か教えて)、アニメ版のミラでは一番のお気に入りである。
 泣きミラが一番可愛い。


初回アニメ12話のケジメ方

 今回のアニメ化で区切りが付く(はずの)キョーマと死んだ婚約者・雅との関係。 これに必要なのが、雅の体形を元に作られたミラと、それをお互いの了解事項とするための キョーマとの絡みである。はたしてアニメではどこまで、どういう形で描かれるのか。 原作のままでは、何も進展が無いようなので、何らかの区切りが付く事を期待するが。

この件に関連したエピソード


全裸ミラの謎

 この絵は、テレビアニメのサウンドトラックCDのジャケットの絵柄となっているもので、 公式サイトではもっと大きな画像が手に入る。
 この絵は、非常にまずいね。
 下手という意味ではなくて、ショッキングと言った方がピンと来るだろう。
 アニメでは、全身全裸のシーンはおろか、(恐らく)まだ手も握らせずに12話まで終っている(酷過ぎ)。 真っ直ぐ正面を見据える目、局部を隠そうともしない微妙な手の合わせ方は、覚悟を決めて好きな男の前に 立った証しで、この時点で既に男の逃げ場は無い。正面にいるのは、当然ながらキョーマ(左の男)である。
 こうなるまでには、それなりの手順が必要な二人なので、このシーンが原作で出て来るとすれば、 最低でも10巻は先の話になる。そのシーンを本編外とは言え、アニメ側で先出ししてしまうというのは、 原作者に対する応援、もしくは尻タタキ(煽り)といった所だろう。

このシーンに当てはまるエピソード

久々にフィギュア作りたくなってきたな。当日版権降りるキャラだし。


ミラの豊胸疑惑

 原作には、ミラを豊胸しようかというコオロギ(ロボ偽体技術屋)の話があるが、コイルが皮膚の下に 隠れるよう改造されただけで、実際には何もしていないだろうというのがディメラジで原作者が語っている。 解説本(9.5巻62ページ)では、豊胸改造されたとも受け取れる記載があるが、 原作者の記述ではない。(2016.04.05更新)
 アニメでは、作画スタッフが好き放題していて、オープニングの 4話から突然CカップがFカップくらいに増量され、胸のコイルは隠されている(2016.04.05更新)。 上のサントラのイラストは、誰がこんなに大きくしたんだ?と文句(いや、お礼)を言いたくなる程の ボリュームがあるが、アニメ本編では尺の都合でコオロギの話自体がカットされている。
 ミラのおっぱいのサイズは可変式との噂まで飛び交っている程だが、折角なので、第1級のミラの 豊胸システムを考えてみた(喜べ)。

 口からミルクを飲んで、それを乳房に溜めて、赤ん坊に飲ませる、偽母乳。(特許申請中)

●この時代のメイド型ロボットの標準仕様になっている(ミラもビーチクがあればその仕様の可能性大w)。
●衛生上、ミルクは6時間以内に全て飲ませなければならない。
●授乳を連続していれば良いが、時間が空いた時にどうやって体内を滅菌除染するかは技術的課題がある。 (味覚のあるロボ子に消毒液を飲ませるのはご法度だ。)

この件に関連したエピソード

 ちなみに、ミラのボディーがキョーマの元婚約者・雅が使うはずのものだった(原作10巻43ページ) と断定されているが、原作10巻74ページで雅用のボディーは手術完了直後のコイルの事故で雅の頭と共に 消滅もしくは全損しているはず。元婚約者用は5年前の開発当初のものであり、 ミラは2年前の最新型(パワーも違う)であるため、明らかに別のものである。 解説本(9.5巻131ページ)でも同一扱いする記載があるが、こういう矛盾は戴けない。 身長と3サイズが雅と同じだけと言うレベル・・とするのが無難な設定である。 雅が事故死しなければ、ミラがキョーマの元に来ることは無かったと言う点では、 雅の死が無意味ではなかった(雅とミラが関係がある)という意味合いは保たれる。 (2016.04.06更新)
 元婚約者用ボディーは、首から上の生体維持機能を持ち、性交渉に対応したワイフタイプ。 ミラは娘の相手やボディーガードをするためのメイドタイプで、性交渉機能は付いていない。 余計なものを付けたせいで、勝手に男作って逃げられたんじゃ、敵わんだろう。 (2016.03.18追記)
 ちなみに^2、原作3巻126ページに乳首の描写が確認出来る(4巻93ページにも僅かながらある)。 原作4巻1ページには、股間に機械的ラインがあるのがあるのが微かに確認出来る。 原作10巻204ページには、「(医療用のため)必要のない臓器まで付いている」とあるが、 確認出来ているのは肺(10巻76/84ページ)のみ。(2016.04.03追記)


おわりに

 創作エピソードは、原作の世界観を尊重した上で、一連の物語りとして成立している事を前提に 構成している。アニメの脚本を意識して書いているので(脚本とアフレコ台本のミックス)、 表現は敢えて判りやすくしている分、読み物としての完成度は低いので、ご了承戴きたい。
 ネタは朝5時頃から布団の中での妄想から生まれるのがほとんどで、過去ネタの修正案も良く 思い付くので、都度更新させて戴く。「このキャラこんな言い方しないよ」みたいな意見は歓迎する。
 原作者が(各所に下品な下ネタをちりばめている割に)どうも話が終ってしまうのを恐れて、 決定的な場面に踏み込めていない感じなので、 「これ以上のものを期待しますよ」と言うプレッシャーになってくれればいいなと思う。 敢えて18禁の区別はしていないので、TVアニメで使える範囲というのは自ずと限定されてしまうのだが。 梅津さんに18禁OVAで纏めて貰えば、120%再現可能かと思う。 下ネタオンパレードの割に、掲載元が青年コミックでなく、少年コミックなのは何かの間違いなのか、 このままではその辺の垣根を越えるのは難しいかも知れない。
 原作コミックやアニメを視聴していない場合は、ほとんど楽しめる部分は無いので、 必ず予習してからエピソードを読んで欲しい。一つでも泣けるエピソードがあれば、 どっぷり嵌まっている証拠なので、繰り返し更新をチェックして欲しい。 今の所、本人の意思とは無関係にネタは無尽蔵に発生している模様。
 上のイラストのお陰で、堂々と(濡れ場も含めて)披露しようという踏ん切りが付いた訳だが、 これからアニコメ界の団鬼六を目指す事にしよう(笑)。
 同人誌などの原案に使いたいと言う話があれば、 「原案・ポンコツ劇場」と記した実本を戴ければ無条件にOKしよう。
(2016.03.14)


 蛇足であるが、今時の大人の恋愛・結婚事情について思う事を書いてみる。

 セックスとは、大人の真似事である。人は、セックスの後に子どもが出来て、子どもが独り立ちするまで育てられて、 初めて一人前の大人の肩書きを得られる。狭い解釈と言えば、それまでだが。
 丁度「家族のカタチ」というドラマの放映が終ったばかりであるが、どれだけの幸運が重なって、 あれだけの結末に至るんだという、甚だしく非現実的なストーリーであることは間違い無いだろう。
 現実社会では、例え相手が毎週顔を合わせるスーパーのレジを担当するお気に入りの若くて美人の店員で あっても、客の立場では不要な会話をするのもかなりの度胸が必要である。ましてや独身かどうか、 交際相手がいるのかどうか、そんな個人的な情報はまず絶対に知り得ない。 それは、女を見たら口説くのが当たり前の「僕イケ面」な人間でも同じである。
 ここを見ているアニオタ諸君については、現実社会で彼女を作る事すら諦めているのが大部分であろうが、 出会いと言えば、せいぜいメイドカフェで推しのメイドとゲームをするのがせいぜいだろう。 それも1年も同じ子と続けばいい方で、いずれは交際の願望を告げる事すら許されないまま入れ替わってしまう。 そんな報われない現実に甘んじて良いのか、良く考えるべきだ。
 こと男女交際に関しては、男女に関係無く、常に交際相手がいるのと、全くいないのと、 明確に分かれているのが現実だ。 前者は恋愛積極派で、人生の目的が男女交際とも言える。後者は恋愛慎重派で、男女交際以外の事に関心が高い。 ただそれだけの差ではあるが、これが交際の機会が多いのか無いのか、明暗が分かれる。
 約1/3を占める恋愛積極派は、結婚するまでに平均10人と交際し、1回の離婚を挟んで、 結婚後に10人と交際している。ヤンママといわれるように、彼らに少子化問題も晩婚問題も関係ない。 本人同士が望むかどうかは別として、結婚だけはできるのだ。そして、最近問題になっている子どもの6人に 一人が貧困という、そのほとんどは彼らの不始末の結果である。
 残り2/3は、先に人間関係ができていないと男女交際に至らない交際慎重派である。 婚活パーティーやお見合いで成婚しないのは、当然の成り行きでもある。 それでも昔はお見合い相手を2人断ったら、3人目は首を縦に振る。 自分の意思を抑えて、周りの意見に従う慣例があった。今はもうそんな時代ではない。 親が代わりに見合いをするなどというのは、時代錯誤も甚だしい。 2/3のうち、半分はたまたま結婚に至る出会いがあり、晩婚になりながらも結婚できる。 そのうちの少なからずは不幸にも積極派との結婚である。残りの半分が一生結婚できないということになる。 東京の男の場合は半分が結婚できないともいわれる。 それぞれの人生に与えられた機会は、好むか好まざるかに関係なく、あらゆる場面において均等ではない。 気になる相手がいても、言葉すらかけられない奴(女)がいる一方で、 「お前がかつて付き合った中では最高の女だ。」とか平気で思ってもみない事を言う奴もいる。 そういう奴に限って、3日後には別の女を口説いてる。「僕イケ面」は、その典型だ。 女は嘘でも口に出す男に弱い。それがリアルな現実だ。
 それでマクロ社会が成り立つのであれば、現状のまま放置されるのも仕方ないが、今や出生率は1.4まで落ち、 許容できる限界を遥かに超えている。政府は子育て支援一辺倒であるが、そんなものにいくら税金を注ぎ込もうが、 せいぜい効果は10%にも満たない。このままでは、日本民族はいずれ消滅することになる。
 お前ら、彼女(彼氏)欲しいだろ?童貞早く捨てたいだろ?結婚して、家庭を持ち、親を安心させたいだろ?どうなんだ?
自分の事しか考えない下衆の極みに、ヒトと言う生物として負ける(子孫を残せない)のが悔しくないのか。 だったら、メイドカフェじゃない、ちゃんとした出会いの場に毎日通え。リアル社会でまででわざわざ幻想を追うな。 スーパーのお気に入りの店員と、店外で確実に交友が持てる秘策もある。相手に拒否されない限りはな。 その場所を全国規模で提供するのが、俺が構想している「カフェ・ジャパン」プロジェクトだ。 (このネーミングは玉置浩二のアルバム(曲)から戴いたが、彼は不倫騒動を一度も起こさずに5回も結婚した強者だ。)
 税金を使わずに、結婚したい国民の願望を叶えるだけで、未婚・晩婚を解消し、出生率2.0以上を実現する。 それが出来るのは、このプロジェクト以外には無い。
 このプロジェクトは失敗すれば、俺はお前らと同様に孤独死することになる。そんなつもりはさらさら無い。 とにかく集まれ。何をするにも、人手が必要だ。俺一人では何も進まない。この国・民族の未来と可能性を繋ぐために。(2016.03.22追加)



戻る

GOMEノート・目次へ戻る