Dimension W

ポンコツ劇場


INDEX

File 100 雅の写真      2016.03.14-03.15
File 120 街歩き1      2016.03.19
File 121 街歩き2      2016.03.19
File 122 交渉成立      2016.03.19
File 123 ショッピング    2016.03.19-04.08
File 124 お墓参り      2016.03.19
File 150 誕生日の賭け    2016.04.18-04.20
File 160 食生活改善 (100%)
File 200 ミラの全て     2016.03.14-04.27
File 210 ベッドで待ち伏せ  2016.06.10
File 230 触れ合い      2016.06.10
File 300 ミラの飲酒     2016.03.14
File 310 逆襲のミラ     2016.03.14
File 320 ミラのおやつ    2016.06.07
File 410 誤飲事故      2016.03.19
File 440 セクハラ      2016.03.29
File 450 漏水事故 (30%)
File 500 お泊り会 (100%)
File 502 ミラの勝負下着 (100%)
File 505 筋肉の硬さ (100%)
File 510 ビデオ観賞 (100%)
File 520 女達の酒宴 (100%)
File 550 女達の願望     2016.03.19-04.06
File 600 ミラの陰謀 (100%)
File 700 椿の妊娠      2016.03.15-03.18
File 710 ミラ失踪事件    2016.08.27 new
File 720 猫回収屋      2016.08.27 new
File 730 椿への謝罪     2016.03.19
File 750 椿の出産 (5%)
File 800 お泊り会再開    2016.03.19-03.21
File 830 家族旅行 (100%)
File 850 椿の二人目 (5%)

お知らせ(2016.08.26)


File 100  雅の写真


「キョーマさん、指から血が出ているじゃないですか。絆創膏ありますか?」
「ダッシュボードの中だ。」
「いやダメだ!開けるな・・」一寸早く、ミラがダッシュボードを開ける。
バタンという衝撃で、雑多な書類に混じって、数枚の写真がミラの足元に散乱する。
「何やってんだ。早く片付けろよ。」動揺するキョーマ。
「どこに(写真を)並べてんだよ。ポンコツ!」キョーマの拳がミラの頭にヒットする。
「まだ絆創膏が見つかってないんです。」痛いと文句も言わずに冷静に対処するミラ。
「絆創膏、絆創膏・・・ありました。」
「はい。指を出してくださいね。」
やっと写真を片付けるミラ。

「綺麗な人ですね。」重くなる空気。

「お前には関係ないだろ。とっとと蓋閉めろ。」

「関係・・。無くはないんですよね。」独り言のようにつぶやくミラ。

「(キョーマ無言)」
信号待ちで止まる。
「わたしの体はこの方、雅さんがモデルになっているって、マリーさんから伺いました。」
「だから、キョーマさんがわたしのこと、どう・・・」
「(キョーマさんが泣いてる)」
慌ててダッシュボードの蓋を閉めるミラ。
しばらく沈黙。
「雅さんの事を・・・忘れてくださいとは言えません。」
「でも・・・。」
ハンドルに突っ伏すキョーマ。
「もっとわたしを、ちゃんと・・・ちゃんと見て欲しいんです!ミラ精一杯の表現。
爆沈するキョーマ。※
ミラの右手が伸びて、ハンドルを握るキョーマの左手に触れる。
「キョーマさん。。(信号、青ですけど)」
後ろからクラクションが鳴る。
「うっせーな、バカヤロー。(後ろがいて助かった)」慌ててアクセルを踏み込む。
快調に走る車。長い沈黙。そしてまた信号待ち。
「遠回りして、夜景、見に行くか。」
「はいっ!」
「耳いてーんだよ、ポンコツ。。」
高台の公園、フェンスの前に立つ二人。
キョーマがミラの手を握る。
「(キョーマさんの手、暖かい。もっと近くに・・)」
ミラがキョーマに向き直って、こめかみをキョーマの胸に押し付ける。
「(このピコピコアンテナ、邪魔なんだよな。)」右手をミラの頭に載せる。
エンディングのイントロが被る。
「もう夜景はいいのか?」
ミラが小さくうなずく。
「じゃあ、帰るぞ。」
「わ〜ん。もうしばらくこのままにさせてください。」
「めんどくせー奴だな。」
引きのカット。じたばたする二人。再び車に乗り込み、家路に付く。

はたして、アニメの結末に、こんな展開は期待出来るのだろうか。
 ※キョーマがミラの小言に黙っていて、ミラの願いを聞かなかった事はない。

戻る


File 120  街歩き1


「キョーマさん、100m前方にアルベルトさんがいますよ。」
慌てて手を振りほどくキョーマ。
「どうして手を離しちゃうんですか。」
「お前はまだ男心を理解してないんだよ。」
「ぶぅです。もう教えてあげません。」
「勝手にしろ。」

戻る


File 121  街歩き2


「キョーマさん、30m前方に椿さんがいますよ。」
手を振りほどけないキョーマ。
「離せよ、ポンコツ。いてぇ、いてぇんだよ。」踊るキョーマ。
通行人「あのカップル、おもしれーぞ。」
椿との距離10m。
「椿さ〜ん!」手を振るミラ。やっと手が離れる。
「あらー、お二人、仲がいいんですね。近くでお茶でもいかがですか?」
「キョーマさん、いいですよね。」
既に色んな意味で半泣きのキョーマ。

戻る


File 122  交渉成立


喫茶店で椿と3人。
「最近、キョーマさんが手を繋いでくれるようになったんです。見られましたよね。」
「余計な事、言わんでいい!」ミラの頭を平の手で叩くキョーマ。
「手を・・繋いでいると言うか・・。そうですね。」思い出したらおかしくて笑いが込み上げて来る椿。
「キョーマさんって、いつも子どもみたいで。」
「お前、まだ3歳になってねぇだろ。」
「キョーマさん、わたしの誕生日、覚えてくれてるんですね!嬉しい。」
「プレゼント、何買って貰おうかなぁ。」
「・・・。(やべぇ。また余計な仕事を増やしちまった)」
「お二人とも、仲がよろしくて焼けて来ますわ。(流石に雅の話は出せないわね)」
「来月、雅さんの命日ですね。」
「そうだったな。」
「お墓参り、何着て行こうかな。いいのが無いんですよ。」
「キョーマさんにプレゼントして貰えばいいじゃない?」
「白のワンピース!帽子とハイヒールも。」
「随分欲張りだな。どれか一つにしろよ。」
「そういう訳には行かないんです。」
「ちゃんと合わせないと、一緒にいて恥をかくのはキョーマさんですから。」
「はいはい、判りましたぁー。」(実は初のOK返事)
「やったぁーーー!」
「ミラさん、良かったですねー。」

戻る


File 123  ショッピング


「キョーマさん、どうして手を繋いでくれないんですか?(理由は判ってるけど)」
上目づかいで、目に涙を溜めるミラ。
「(こいつ・・。どこでこんな技を)」
仕方なく左手を下げるキョーマ。
待ってましたとばかりにミラが左腕に絡み付く。
「鬱陶しい奴だな。」ミラの体重を少し感じる。悪くない感触。雅の記憶と被る。
「♪ワンピースぅ、ワンピースぅ・・」
「(こいつ、まじで鬱陶しいわ)」
「(普段のポンコツとは違う)」
「(こいつ、感情抑制回路をショートさせやがったな。あの時!)」涙目のシーン回想。
「(こりゃ・・)今日1日ダメだな。」
「何か言いました?キョーマさん。」
「いや、気のせいだ。早く歩け。」
「♪ワンピースぅ、ワンピースぅ・・(店まで繰り返し)」
「(余計な刺激は禁物だな。機嫌のいいうちにやり過ごそう。)」
その後の買い物はミラの言いなりになるキョーマ。
ちなみに、ワンピース9800円、ハイヒール19800円(この時点でキョーマの予算オーバー)、麦わら帽子4980円。
この日以後、ミラは知り合いの前では自分から手を離すようになった。

戻る


File 124  お墓参り


「どうですかぁ?」軽くポーズを取るミラ。
「・・・。」
「もう、いっつもこうなんだから。」
顔をそむけながら、しぶしぶ指でサインを作るキョーマ。
「マル?おっけい?・・ですか?」
「行くぞ。早く乗れ。」
「は〜ぃ」
車は市街地から郊外へ。
「着いたぞ。降りろ。」
「今日はダメだからな。」
「は〜ぃ、判りました。」
雛壇状になった狭い霊園の路地を歩く二人。
「ここ、ヒールが埋まって歩きにくいです。」(ヒールOKな霊園も多い)
「お前が自分で選んだんだろ。ポンコツ。」
「そうですけど〜。お墓参りは初めてなんです。」
四阿屋家の墓の前。
「ここだ。」
「ここが、雅さんのお墓。。お花がいっぱい。」
「あずまや みやび 22歳」(年齢は適当)
「前のお線香、まだ燃えてますね。」
キョーマが先に線香を立てる。
「お前も立てろ。」火の付いた線香をミラに手渡す。
二人並んで合掌。
「ついでだ。もう1ヶ所周るぞ。」
「えっ、そこって・・。(もしかして!)」期待と不安で感情が極限まで高まるミラ。

戻る


File 150  誕生日の賭け


「あと1ヶ月かぁ。プレゼント何がいいかな。悩みますよ、キョーマさん。」
「残る物じゃない方がいいのかなぁ。古い車以外は集める趣味無いし。ふぅ〜。」
「それと、わたしの手料理は外せないですよね。」
「キョーマさん、いつも帰りの時間が不規則だから、そこをうまくコントロールしなくちゃ。」
「そうだ。この手があったわ。」
ミラがキョーマの健康診断を誕生日に合わせる小細工に成功する。
「あとは、マリーさんにも協力して戴いて、時間を合わせれば完璧ね。」
マリーに電話して、キョーマの仕事の打ち合せを入れて貰うミラ。
「あぁ、判ったよ。うまくやりな。」
キョーマの部屋の台所には、レンジが無い。
冷蔵庫と切れ味の悪そうな包丁はあるが、鍋や食器はろくなものがない。
「全部用意しなくちゃ。レンジは普通のコイルで動くもので仕方ないですよね。」
ホームセンターで買い揃えたものを、本番までキョーマに見つからないようにミラの部屋に隠しておく。
「既に予算オーバーですぅ。」
買い物の途中、酒屋の前で立ち止まるミラ。
「キョーマさん、焼酎好きだから。」
「魔王・・1まん円!?これはちょっと予算きついです。」
「キョーマさんの事だから、きっと勿体なくて飲めませんよね。」
「赤霧島、コレにしておきましょ。予算的にはあともう1本。」
「たまには日本酒もいいですよね。」
「越乃寒梅・特撰吟醸。この辺が定番でしょうか。こっちの方が高いですけど、奮発しちゃいます。」
「贈答品かい?」店主が確認する。
「お願いします。」
キョーマの誕生日当日の朝。
「キョーマさん、お早うございます。」いつもより早めにミラに起こされる。
「はーあ。検診なんて、憂鬱だぜ。朝飯抜きだし、調子出ねぇな、ったく。」
「キョーマさん、お注射怖いんでしょう?」
「うっせ。ポンコツ。」
「書類と検便カプセル持ちました?」
「ボケ老人じゃねー。忘れっかよ。」
「行ってらっしゃ〜い。」
ミラはいつもの日課をこなしてから調理道具をキョーマの部屋に持ち込み、食材の買い出しに出掛ける。
夕方からいよいよ調理開始。
「キョーマ、今帰ったよ。いよいよ勝負だね。頑張んな。」ミラにマリーからの電話が入る。
「有り難うございます。マリーさん。」
「腹減ったー。昼もろくに食ってないからな。今日の飯はハンバーグだったな。」いつものデリの弁当を頭に浮かべるキョーマ。
「(キョーマさんの車の音だわ。)」メインディッシュに火をかけるミラ。
「俺の部屋の電気が付いてるな。あいつか。こんな時間まで何やってんだ。」
忍び込むように自分の部屋に入るキョーマ。
エプロンを付けたミラが台所でフライパンで何かを焼いている。
部屋中に肉が焼けるジューシーな匂いが漂っている。
ちゃぶ台の上には料理の皿が並んでいる。
「キョーマさん、お帰りなさい。」
「お前、何で飯なんか作ってるんだ?」
ミラが酒の入った袋を持ってキョーマの前に立つ。
「キョーマさん、お誕生日おめでとうございます。」
「あぁ、そういう事か。」
雅が死んでから、キョーマは自分の誕生日を祝ってもらった事が無かった。
「先に焼酎を開けますね。」グラスに氷を入れ、赤霧島を注ぐミラ。
「(仕方ない。今日ぐらいは大人しくこいつの言うなりになるか。)」
ちゃぶ台に枝豆、生ハムのサラダ、海老チリソースが並ぶが、ケーキは無かった。
ケーキ作りは断念したようだ。
「焼けました。いい匂い。」大きめのハンバーグを皿に盛り付けるミラ。
「ミラお手製の特製ソースをかけて、出来上がりです。」
ハンバーグをキョーマの前に置き、ちゃぶ台を挟んで一緒に座るミラ。
「冷めないうちに召し上がってくださいね。」
何も言わずにそそくさと箸を付けるキョーマ。
「どうですか?おいしいいですか?」
「ロボットが作ったにしては、まぁまぁだな。」
「もぅ、素直に美味しいって言えばいいのに。」
「(そんな事、滅多に言えるかよ。)」
「お前は食えないんだろう?」
「私は消化器官が無いですから。食べ物からエネルギーを補給する必要もないですし。」
「じっと見てられると、食いにくいんだよ。」
「いいじゃないですか。わたしはキョーマさんに食べて貰えて楽しいですから。」
「検診どうでした?」
「結果は来週出る。メタボが引っかかった。元からだがな。基準がオカシイんだよ。」
「食生活が偏ってますから。特に、お酒は飲み過ぎですよ。」
「女房気取んじゃねー。仕事に支障ないんだし、いいんだよ。」
「今からチャーハン作りますから。」
「まだあるのか。量多いだろ。」
「無理して全部食べないでください。明日の朝の分もありますから。」
手際よくチャーハンをかき回すミラ。
「出来ました。ちょっと少なめですけど。」
「今度はどうですか?おいしいいですか?」
「ロボットが作ったにしては、まぁまぁだな。」
「ロボットじゃないんだらか、同じ事言わないでください。もう。」
「(女の手料理なんて、雅の時以来だな。オンナ・・こいつも女なのか?)」
ラジオの音声をBGM代りに、30分ほどまったりした時間が流れる。
「お料理の方は、もういいですか?」
「ああ。」
ミラが残った料理を大皿にまとめ、ラップを被せる。
つまみを食べながら焼酎をちまちまと飲み続けるキョーマ。
「明日の朝の分のご飯もありますから、一緒に食べてくださいね。」
「わかった。」
洗い物を片付けるミラ。
「キョーマさん、台所に換気扇付けてください。ベッドにも匂いが移りますよ。」
「今日だけならもう必要ないだろ。」
「だといいんですけど。」
「料理道具、置かせて貰っていいですか?私の部屋では使えませんので。」
「勝手にしろ。ただし、コイルは外しとけよ。」
「有り難うございます。キョーマさん。炊飯器のコイルは明日の朝、自分で外してください。」
片付けが終って、キョーマの前に立つミラ。
「じゃあ、わたしそろそろ戻ります。」そのままキョーマの横を通り過ぎようとするミラ。
キョーマが咄嗟にミラの手首を掴んで、ゆっくり立ち上がる。このままミラを帰したら、男としてダメな気がした。
「ミラ。」
「何ですか。キョーマさん。」間近で見つめ合う二人。
「今日は、ありがとな。」
「どういたしま・・」
ミラの言葉が終らないうちに、キョーマはミラの肩を抱き寄せ、唇を奪った。
翌朝の車の中。
「大丈夫ですか?キョーマさん。」
「だいぶ飲み過ぎた。」だるさが顔と動きに出ている。ミラが帰った後に飲んだ酒が悪かった。
「今日は休んだ方がいいんじゃないですか?」
「マリーがうるさいからな。そうも行かん。現場に着く頃には大丈夫だ。」
「昨日は嬉しかったです。」
「自分で何したのか、あんまり覚えてないんだが。」目頭をこすりながら言う。
あの程度の酔いで記憶を無くすような事はないキョーマだったが、照れ臭さから出た咄嗟の嘘だった。
「それって・・。もう、サイテーです!キョーマさん。」
「お前が酒を飲ませたからだろ。」
「それは、そうなんですけど・・。」
この日は一日中、ミラの小言が続いた。この時の嘘は、後日裏目に出る事になる。

戻る


File 200  ミラの全て


キョーマの前に突然全裸で現れたミラ。
「キョーマさん。」
ミラを見て止まるキョーマ。
キョーマの視線を確認して動き出すミラ。
バレエのような、モデルのファッションショーのような、ストリッパーのような、 何とも表現しがたい、それもゆっくりとしたぎこちない動きで、無言のままポーズを次々に変えるミラ。
足を高く上げたり、寝転んでみだらなポーズをする訳ではない。
あたかもキョーマがそこにいないかのように視線を一度も合わせず、 両手を上げてゆっくりまわってみたり、腰をひねってみたり、 大き過ぎず形の整った乳房を、指4本で押さえてわざと潰してはみ乳してみたり、 そんな動作が1分ほど続いてから、ベッドに座っているキョーマの目の前に立った。
そして胸の前で握った右手に左手を被せたかと思うと、 後ろ向きになり、腰を直角に前に折り曲げた。
下げた左手の指先を床に付け、右手で尻肉を外側に引っ張り、局部を3秒程見せた後、姿勢を戻して前に向き直った。
それはキョーマが予想もしなかった、衝撃的な光景だった。
そこには、かつてミラとのトイレでの会話にあった通り、申し分程度の肛門小さくしたような排水孔が一つあるだけだった。
雅の偽体には、セイラ博士との打ち合わせで、普通の性交渉が出来る女性器が備わっている事をキョーマは知っていたが、 ミラの体にはその期待していたものは無かった。
「やっぱり、無かったんだな。お前。」つぶやくように言った。
「ごめんなさい、キョーマさん。」
「お前が謝る事じゃないだろ。」
キョーマは以前、ミラの体について、コオロギに聞こうとしたことがあった。
「あいつのあそこ、どうなってた?」
「そんなの、自分で確かめろよ。いつも一緒にいる癖によ。ガキじゃねぇんだし。」
「糞ガキめ。気が利かねぇ奴だな。」
結局、ミラが自ら決断し、今夜それが明らかになった。
先に一歩を踏み出すのは、いつもミラの方だ。
雅の時もそうだった。キョーマが結婚を言い出した唯一の例外を除けば。
キョーマは自分がミラにそこまでさせた事を、そこまで待たせたんだという事を、この時初めて悔やんだ。
ミラが最終的に普通の人間の女と同じ、いや、それ以上の恋愛関係を望んでいる事を、 その相手が自分しかいない事も、キョーマは判っている。
そのために必要な最終手段をミラが持たない現実を、 キョーマ自身が受け入れる事が出来るのかどうか、ミラが確かめる賭けに出たのだ。
「わたし・・。お金溜めて、ちゃんと出来るように改造して貰います!」
「馬鹿な事言ってんじゃねーよ!」キョーマが立ち上がって怒鳴った。
「俺の事なんか、心配するな。」ミラの頭に手を載せ、強く揺さぶるキョーマ。
「お前は、俺のラブドールじゃない。」
もっと大切な何かのはずだが、キョーマにはその言葉がまだ見つからなかった。
再びベッドに座るキョーマ。
ミラの頬を伝った涙が、乳房に当たって弾け、そのしずくがキョーマの手の甲にかかる。
ミラには、下を向いているキョーマが泣いているのが判った。
互いの心が落ち着くまでの間。
「お前が本当にそういう体になりたいと思った時は、俺がプレゼントしてやる。」
「だから、今はまだ必要ないだろ。」キョーマが言い切った。
『別に、子どもが産めるようになる訳でもないしな。』この言葉は余計だった。
「お願いです、キョーマさん。今晩、このまま一緒に寝させてください。」
「そうだなー。このまま部屋に追い返したら、後で何を言われるか判らんしな。好きにしろ。」
「もう、素直じゃないですね。キョーマさんったら。」
「失礼します!」
キョーマの狭いシングルベッドに二人。
「コオロギさんにはスキャンされて体の中まで全部見られてしまいました。」
「だから、キョーマさんには、わたしの全てを直接その目で見て欲しかったんです。」
「(お前は大したオ・ン・ナだよ、ったく。)」
「キョーマさん。わたし、キョーマさんの子どもが欲しいです。」
「(そう来たか・・。展開早過ぎだろ、おい!)」
「どうしたら、子どもが出来ますかね。」
「さあな。うるせーから早く寝ろ。ポンコツ。」
「わかりましたぁ。おやすみなさい、キョーマさん。」
「あぁ。おやすみ。(頭が興奮して当分寝付けんな・・)」
またキョーマの抱える難題が一つ増えた。
この問題が将来の二人の関係に危機をもたらすとは、この時の二人には知る由もなかった。
早朝、ベッドからキョーマの姿が消える。
「(キョーマさん、こんな朝早くから、どうしたんだろう。わたしもそろそろトイレに行かなくちゃ。)」
洗面台の前でキョーマがシャツ1枚のノーパン姿で何かを洗っている。
「キョーマさん、何やっているんですか。」
「馬鹿、こっち来んじゃねーよ、ポンコツ!」
「わたし、トイレに行きたいんです。後ろ通りますよ。」
キョーマは体で必死に隠しているものの、キョーマが洗っているのは、履いていたパンツである事を確認するミラ。
「(洗濯なら洗濯機ですればいいのに、どうして手洗いなんかしてるんだろう。)」
それ以上深くは追求しないミラだったが、男の微妙な生理現象について知るのは、まだまだ先の事であった。
戻る


File 210  ベッドで待ち伏せ


週末の深夜、仕事から戻り、明りも点けずに服を脱ぎ捨てて、そのままベッドに横たわろうとするキョーマ。
「きゃっ!」キョーマの尻が下着姿で寝ているミラの柔らかい胸に当たった。
「うわっ!びっくりさせんじゃねー、ポンコツ!」
「ごめんなさい。脅かすつもりじゃなかったんですよ。」
「何でお前、俺のベッドで寝てんだよ。」
「明日はお休みだから、早く予定を知りたかったんです。」
「それと、キョーマさんのベッドの方が気持ちがいいんですよ。」
「だからって、勝手に人の・・・。」
「昨日が良くて、今日はダメって事はないですよね。」
「はぁ・・。」ミラを追い出す理由が見つからず、溜め息を付くキョーマ。
「明日は箱根でも行くか。」
「ホントですか!楽しみです。」
「あのー。お願いなんですけど。」
「何だ?」
「今日は右側に寝かせて貰っていいですか?」昨夜はキョーマの背中が壁になっていたのをミラは嫌った。
「好きにしろ。」
「よっこいしょ。」膝立ちの体勢でキョーマの体をまたいで反対側に収まるミラ。
「今日は疲れた。もう寝る。静かに寝ろよ、ポンコツ。」
「はーい。おやすみなさい、キョーマさん。」
「わたしもベッドが欲しいなぁ。」
「もう置く場所ねぇだろ。」
「そうなんですけど。」
  :
キョーマの膝がミラの腰に当たる。
体重の差は如何ともし難く、次第にベッドの脇へ押し出されるミラ。
「ちょっ。キョーマさん、わたし、もう後が無いです。」小声で助けを求めるが、熟睡しているキョーマには届かない。
ドタンと大きな音を立てて床に落ちるミラ。
「あれ?ポンコツがいねぇ。」
「お前、なんでそんな所に突っ立ってるんだ?」
「やっぱり左側に寝かせてください。」
「好きにしろ。」
今度はキョーマの左手を握って眠るミラ。
これでキョーマが背中を向けにくくなった。
  :
翌朝。
「なんか左の肩が痛てぇなぁ。お前のせいだろ、ポンコツ。」
「だって、キョーマさん、すぐ背中向けちゃうからですよ。」
「文句あるなら自分の部屋で寝ろよ。」
「折角なんだから、もっと優しくしてくれたっていいのに。」
口を尖らせながらそう言いつつも、良い解決策は見つかりそうもないミラ。
「ぐだぐだ言ってねーで、さっさと支度しろよ。」
「もぉー。」ジャージに着替えてキョーマの朝食の準備に取り掛かるミラ。
その間、キョーマはガレージで愛車を洗い、ガソリンを入れる。
行楽日和のいい天気だ。
戻る


File 230  触れ合い


「今日もいいですか?」
「ああ。」
一緒にキョーマのベッドに横たわる二人。
「ベッド、シングルじゃちょっと狭いですよね。ダブルとかに買い替えたらどうですか?」
「お前が自分の部屋で寝れば済む事だろ?」
「もぅ、キョーマさんったら、冷たいんだから。」
そのまま眠りに付く二人。
  :
珍しくキョーマが左側に向き直り、偶然キョーマの右手がミラの胸の上に乗った。
ミラが左手でキョーマの右手の甲を押さえ、キョーマの右手がミラの乳房を押し付ける。
キョーマが普段感じる事の無い暖かく柔らかな感触に目を覚ます。
キョーマの指先に僅かに力が入るのが気付いたミラは、押さえていた左手の力を緩める。
キョーマが明らかに不自然なくらいゆっくりと、右手をミラの胸の上から引っ込める。
そのままあお向けに体を向き直して、何事も無かったかのように寝るキョーマ。
  :
「(あ、キョーマさんのが大きくなってる・・。)」キョーマの怒張したものがミラの赤外線センサーに写った。
「(何でだろう。眠ってるのに。)」
「(寝てても、されると気持ちいいのかな。)」ミラの好奇心が膨らむ。
ミラの手がキョーマの股間に伸びる。
「(すごい固くなってる。)」つい指先に力が入った。
「お前、どこ触ってんだよ。」キョーマが目を覚ます。
「あ、あ、あのぅ、これはですね。キョーマさんの体に異常を検出しまして・・」
「お前、判ってて触っただろ。」
「先にわたしの胸を触ったのはキョーマさんじゃないですか!」苦し紛れに切り返すミラ。
しばし沈黙するキョーマ。
「どうしたいのか、言ってみろよ。」
「えーと・・。自分でも良く判りません。ちょっとだけ興味が・・」照れ笑いするミラ。暗いので表情は見えない。
ここでいつもの「好きにしろ」とは言えず、ミラに背中を向けて寝直すキョーマ。
隣で大人しく寝るしかないミラだった。
戻る


File 300  ミラの飲酒


「おいポンコツ、お前何でワインなんか頼んでるんだよ。しかもボトルで。」
「キョーマさんが約束の時間に遅れるからですよ。何か頼まないとお店の人に悪いですし。」
「何かってよ、お前それ飲んでるだろ。水道水しか飲まないはずだろが。」ボトルは既に3分の2空いている。
「それに・・・何だその胸。なんかデカくなってねぇか?」
服がはちきれんばかりにパンパンになっているので、普通に見てもおかしいと判るレベルである。
「えへ〜。判っちゃいましたか。」
「大きな声では言えないんですけど、わたし、実は、冷却水とは別に、口からミルクを飲んで、 胸にミルクを溜めて、赤ちゃんに授乳する能力があるんです。」
「ミルク以外にも、詰まらないものであれば、飲み込んで胸に溜めておくことができるんですよ。」
「・・・。」半信半疑で話を聞くキョーマ。
「白ワインは固形物がほとんど無いので、大丈夫です。授乳の後の洗浄・消毒にも使えるんですよ。」
「で・・、飲んだものを授乳しないとどうなるんだ?」
「授乳しないとそのまんまになります。専用の機械があれば、排出出来ますけど。」
「つまり・・、でっかいまんまって事か。」
「ミルクの場合は、衛生上6時間以内に全て授乳することになっています。」
「昨日、キョーマさんに・・胸を触って貰ったので・・」
「声でけぇよ!」いつものようにキョーマはミラを叩きたいが、テーブルを挟んで手が届かない。
「これからは・・・キョーマさんに授乳して貰おうかと思って・・・。」頬を赤らめるミラ。
口を開けて唖然とするキョーマ。
「今日初めてワイン(お酒)を戴いたんですけど、おいしかったです。今度、日本酒や焼酎も飲んでみたいです。」
「お前、酔っぱらってはいないみたいだな。」
「アルコールはそのまま残ってますから。」
「なるほど・・。」
「(結局、最後は俺が一人で全部飲み食いする事になるのか。。)」
「(考えようによっては倍楽しめるという事だな。)なんか楽しみが増えたみたいだ。」
「キョーマさん、楽しみって何ですか?」
「別になんでもねぇよ。(こんな場所で言えるかよ)」
ミラとの外での食事は諦めていたキョーマだが、ミラにも飲めるものがあるという事は、 限定的にせよ、食事の時間を共有出来る事が判って、それまでつっかえていたものの一つが外れる思いがした。
戻る


File 310  逆襲のミラ


「もっと飲めよ。」
「はい。(キョーマさんに喜んで貰えるなら・・)」牛乳500ccを30秒で飲み下すミラ。
「うぉ、うぉ、うぉ〜。すげーぞ、ポンコツ!」この時程、ミラがロボ子で良かったと思う事は無かったキョーマ。
「(キョーマさんに誉められてる。嬉しい。。)」キョーマとの事になると、思考が短絡過ぎるミラ。
「ちゃんと元に戻してくださいね。好きなお洋服が着れなくなっちゃいます。」
「心配するな。後でゆっくりな。(うへへ。)」
キョーマの魔の手がミラの敏感な部分に迫る。
「結構パンパンだな。」
「そんなに強く揉まないでください。出ちゃいますよ。」既に先端から白いものが染み出している。
1ヶ月後。
「キョーマさん、最近すごいお腹出てますよ。」
「お前のせいだろが!」
「違います!キョーマさんがわたしにミルクやお酒を飲ませるからです。」
「そんな事を言うなら、もう〜ミルク飲みませんよ!
「判った。俺が悪かった。これからもミルクを飲んでくれ。いや、飲んでください。お願いします。ミラ様ぁ。」
「もう、判りましたよぅ。その分ちゃんとダイエットしてくださいね。」
こうしてキョーマの深夜ダンスレッスンが始まった。
戻る


File 320  ミラのおやつ


「キョーマさん、ターゲットを見失いました。」ミラから連絡が入る。
「今日はもういい。戻れ。」
「分かりました。」キョーマの車に合流するミラ。
「わたしの方は結局ダメでしたけど、キョーマさんどうでした?」はぁはぁ息を切らしながら喋るミラ。
「ほら。」不正コイルを2つ袖のポケットがら出すキョーマ。
「流石ですね、キョーマさん。」
「誉めても何も出んぞ。」
「わたし、別に欲しいものなんか・・ありませんから。」
「お前ロボットのくせに何でそんなに息が上がってんだ?酸素吸う必要ないだろ。」
「これはですね、肺呼吸で体内の冷却水の温度を下げているんです。」
「車の追跡は5分が限界ですね。体の温度が50℃を越えました。太股で今55℃あります。」
「ホントか、どら。」キョーマがミラの服の裾をまくって内腿に手を入れる。
「もぅ、昼間っからやめてください、キョーマさん。」
「勘違いすんな。確かにこりゃ熱いな。何度まで大丈夫なんだ?」
「60℃くらいまでは平気ですけど、人間だと絶対に死んでる温度ですよね。」
「汗でも冷却できますが、服が濡れますし、気温が高いと運動していない時の体温の維持くらいしか効果が無くて。」
「それに、車のシートを濡らすとキョーマさんが怒るんで、我慢してました。」
「別に汗かいてもいいんだぞ。シートにボロ毛布敷いてやるし。」
「嫌ですそんなの。服だって濡れるとみっともないですし。」
「車のエアコン利かないんですよねぇ〜。」
「窓開けるしかないな。我慢しろ。」
「そうだ、冷やせばいいんだろ。次のコンビニは・・と。」
「ちょっと待ってろ。」
3分後、キョーマが車に戻って来る。
「ソフトクリームですかぁ。どうして2つも?」
「お前、アイスは食えるだろ。ほらよ。」
「えっ、いいんですか?」
「これもサービスだ。股の間にでも挟んでおけ。」キョーマがレジ袋をミラの股間に刺すように置く。
「きゃっ、冷たい!これって・・氷の塊じゃないですか。」
「最高に効くだろ。」
「えーと・・。なんか・・気持ちいいです。」
「お前、変態か?コーンは残せよ。」
「分かってますよ。下の方は、ちゃんとキョーマさんにあげます。」
「わたし、初めてのアイスクリーム、おいしいです。有り難うございます。」
「・・。」
「あのぅ・・キョーマさん。帰ったら・・ちゃんとしてくださいね。」恥じらいながらミラが言う。
「何がちゃんとなのかは知らんが、心配すんな。」
「いつものスーパー寄ってください。今夜のご飯は腕を振るいますよ。」
キョーマにアイスを貰った嬉しさと、今夜はおっぱいプレイ確実かと思うと、会話のテンションも上がるミラだった。
戻る


File 410  誤飲事故


「どうでしたぁ?キョーマさん。」
ベッドに大の字に横たわるキョーマ。
「あぁ。」
「あぁって・・もう。ぶぅです。」会話になってない。
おちゃめに長い舌をあごの下まで伸ばして見せるミラ。
「(この舌で絡め取られたら、たまんねぇな。)」キョーマは結局3分持たなかった。
「お前、口の中身、どうしたんだ?」
「キョーマさんがわたしの中で初めて出してくれたから、折角キョーマさんから戴いたから、吐き出せなくて。そのぉ。」
「飲んだのか!」
「わたし、こんな事しか出来ないから。ここまでしか出来ないから。だから・・ホントにごめんなさい。」泣き出すミラ。
「ロボットのくせに、一々くだらん事で泣くんじゃねぇ。」
「どっちに飲み込んだんだ?」
両手で2つのオッパイを指差すミラ。
「中で貼り付いて腐ったらどうすんだよ。ポンコツ。」それを飲むのはキョーマ本人である。
「すぐ洗浄だ。バケツ持って来い。」
「洗浄って。。はいっ!」
「焼酎切らしてたか。仕方ねぇ、これしかないか。」一升瓶を持って、カップ一杯に注ぐキョーマ。
床に置いた一升瓶のラベルには「越の寒梅」の文字。
「ほら、飲め。」
ミラの両胸が少し膨らむ。
「てめえの出したものを口に入れるなんざ思いもしなかったぜ。気色わりぃ、まったく。」
両方の乳房から少しずつ吸い取っては、バケツに吐き出すキョーマ。
「まだアルコールが入っているだけマシか。」
「よーし、念のため、あと2杯だな。勿体ねぇ。。」
3杯目は勿体なくなり、結局バケツに吐かずに全部飲んだキョーマだった。
「よし、終ったぞ。」
「有り難うございました。」
「もう二度と飲み込むんじゃないぞ。次からは自分の手の平に出して見せろ。」
「わかりました。キョーマさん。」
胸を顕にしたまま、キョーマに抱きつくミラ。(下は最初からボディースーツを履いたまま)
「お酒、すごくおいしかったですよ。また飲みたいです。」
「そういう飲み方をする酒じゃないんだよ。まったく。。」
戻る


File 440  セクハラ


ミラがいつものジャージ姿でスタンドでガラス拭きをしている所を、 後ろからキョーマが通りかかる。
キョーマの手がミラの後ろからその股間に伸びる。
「きゃっ!」のけぞるミラ。
「キョーマさん!もう、最低です!お仕事中はそういう事やめてください。セクハラですよ。」
「お前の腰の振り方がイヤラシイんだよ。尻は何も無いんだから、別にいいだろ?」
「外から子供達が見ているかもしれないので、ダメですよ。」
「お前、ひょっとして、股の下でも感じるんじゃないか?」
「どうでしょうか。今度試してみましょうか?」
ミラにそう冷静に返されると、それ以上の反応が出来ないキョーマだった。
戻る


File 550  女達の願望


ミラのお泊り会参加も10回を越えると、すっかり常連となって他のメンバーを積極的に攻めるようになり、色んなプレイに自ら参加するようになっていた。
締めの酒宴の準備中、女子トークが弾む。
「どうして女性ばかりでプレイをされているんですか?」
「そうねぇ。女性同士の方が、あまり気を遣わなくて済むって所かしら。」
「あと、気持ちよくなれるポイントが判ってるから、お互い満足感が得られるのもあるわね。」
「そうそう、元カレなんか、自分が終ったらさっさと自分だけ先に寝ちゃうのよ。酷いでしょ。」眼鏡で右手が義手の鮎川麻奈が言う。
「(そう言えば、キョーマさんもそうかも。)」
「プレイも毎回同じだし、いつも不完全燃焼って感じ。結構イケ面だったんだけどなぁ。」
「本当は縛ったり叩いたりして欲しかったんだけど、流石に女の側からアレしてこれしてって注文は付けにくいし。面倒だから、別れちゃった。」
「いろいろあるんですね。(男女関係って奥が深いなぁ)」
「私は近くにいい男性がいれば、結婚してもいいかなって思いますけどね。」おっとり系の廣瀬敦子が言う。
「でも、30までには結婚したいよね。」
「うんうん。あ、すみません、椿さん。」苦笑いする椿。
「まぁ、気にされなくてよろしくてよ。てかね、私まだ30になってませんけど。」椿は28歳だった。
「私は結婚はまだ諦めたって訳ではないけど、子どもはそろそろ欲しいかな。」
「ネットとかで知らない男性の精子を貰ってまで、子どもを作りたいとは思わないけど。」
「こういうご時世だから、意外といい出会いって無いんですよね。」
「廣瀬さんと鮎川さんは、子どもは欲しくないんですか?」
「欲しい欲しい。」
「私、女の子がいいな。お洒落のさせ甲斐があるし。」
「私も。1姫2太郎とか言うじゃない。最初は女の子。大きくなったら2番目を面倒見てくれるから、子育ての手間が省けるのよ。両方女の子でもいいわね。」
「ふぅ〜〜ん。」
「小さい頃、毎日弟の子守りさせられたの思い出しちゃった。なんか現実的で納得しちゃうわ。」
「お酒取って来るわ。」椿が部屋を出る。
低いガラステーブルの回りに、プレイでも使うキューブ型のソファを並べ、持参したおつまみを広げる。
グラスはミラ用のが一つだけというのが、いつものパターンである。
「私は一人っ子なんで、結構寂しい幼少時代を過ごした思い出が。」
「ミラちゃんは兄弟とかいないの?」
「わたしはロボットなので、そういうのは。。」
「今日もたんまり飲むわよ〜。」椿がワインのボトルを4本抱えて戻って来た。
「ミラちゃん、第2ラウンドよろしくね。」
「はい。」
「一気!一気!・・・」
戻る


File 700  椿の妊娠


キョーマとミラが並んで座るテーブルの前に、椿が現れる。
いつもの和服ではなく、ゆったり目の地味なワンピースだ。腹部には明らかにもったり感がある。
「お忙しい所、ごめんなさい。今日は是非ともお二人にご報告したい事がありまして。」
「少し太ったみたいだな。」まさかとは思ったが、うすうす感づいているキョーマ。
自分のやった事が原因とすぐ判り、固まって挨拶すらろくに出来ないミラ。
「その事なんですけど、私、赤ちゃんを産む事にしたのよ。」
「相手なんかいねえだろ。一体どうなってんだよ。」
「原因は多分・・・、この子ね。」ミラを指差す椿。
「詳しいことは、後で本人から聞いて頂戴。私も良くは判ってないから。」
「キョーマさんったら、私を全然女扱いしてくれないし、そろそろ子どもも欲しいかなぁ?と思ってたんで、いい機会だから産んじゃおうと思って。」
「元はと言えば、ミラさんを誘った私にも責任がある事ですし。」
「お前ら、隠れて何やってたんだよ。」
「そういう事は、あまり人に話すものではないですよ。」やんわりと口止めする椿。
キョーマには、事の成り行きはだいたい察しが付いた。
「もう妊娠5ヶ月なの。先月から比べると、体もだいぶ楽になったわ。」
「女の子みたいなんだけど。どんな顔の赤ちゃんが生まれて来るのか、楽しみだわ。」
「天国の雅も、きっと見たいって言ってくれると思うわ。」
「(童貞のまんま子持ちかよ。洒落にならんな。まったく。)」
「一人で育てるのか?」
「そうね。キョーマさん、一緒に住んでは貰えないでしょ?ミラちゃんもいる事だし。」
「子どものためだ。一度籍は入れた方がいい。」
「わかったわ。書類の用意が出来たら、また連絡するわ。」
帰りの車の中。
「お前がやったんだな。」
「はい。」
「椿に頼まれたのか?」
「そんな事はありません。」
「やっていい事と悪い事の区別も付かんのか、お前は。」
「ごめんなさい。」
「もう二度と俺の部屋に入るな!」ミラとの決別とも取れる、強い言葉。
キョーマは後でこの言葉を後悔する事になる。
余りの仕置きに、言葉すら出ないミラ。
ミラの目からは、止めどなく涙が出続ける。
「(こんな事になるなんて・・)」
ただキョーマの子どもが見たい。キョーマも喜んでくれるだとうと言う身勝手な思いが先立ち、
結果を想像出来なかった自分が如何に馬鹿だったのかを悔いるミラ。
他の二人が妊娠しなかったのが、せめてもの幸運だった。
着いた頃には、胸の一部が透けて見える程、お気に入りの服が濡れていた。
無言のまま車を降りて別れる二人。
この日、夜になってもミラの部屋の明りが点くことはなかった。
戻る


File 710   ミラ失踪事件


二人の間に、仕事以外の会話は全く無くなった。ミラはスタンドで留守番か、
一緒に仕事で出掛けても、車の見張り番だけになっていた。
いつもなら、キョーマの食事を作っている時間、
ミラは明りも点けずに自分の部屋の鏡台の椅子に座ったまま、
自分の犯した過ちの大きさに打ちのめされていた。
「(これじゃ、キョーマさんと出会った頃の方が、全然マシ。)」
そんな状況が一月程続いたある夜、ミラの姿が部屋から消えた。
「(わたしなんか、キョーマさんにはもう必要ないんだ。)」
そう自分に言い聞かせながら、通りの隅に一人たたずむミラ。
食べる必要が無いミラは、お金が無くとも当面は生きて行ける。同じ場所に半日いる事もあった。
夜は人目に付かない公園のベンチなどで寝た。巡回の警官が来ると、見つからないうちに場所を変えた。
公園で見掛けた野良猫の小猫が唯一の話し相手になった。
キョーマは、ミラを探し回るでもなく、一人で仕事に出掛けた。
「ミラは一緒じゃないのかい。」マリーが心配してキョーマに声をかける。
「私から呼び出してみようか。」
「いや、いい。しばらく放っておいてくれ。」意地の張り合いを続けるキョーマ。
「そのうち帰って来るだろう。アイツに他に行き場所なんかねえしな。」
キョーマは、ミラの部屋のドアの下の隙間に紙を挟んでおいた。ミラが戻っていれば、その紙が外れているはずである。それを毎日確認するのが、キョーマの日課になった。
「まだ戻って来ないのかい。いい加減、連絡して迎えに行ってやりなよ。」マリーが心配する。
堪りかねたマリーがミラを携帯で呼び出す。
「マリーさんからだ。キョーマさんじゃないのか・・。」出ずに放置するミラ。
「呼んでるんだけどねぇ、あの子、出ないねぇ。」
「(今、わたしが戻っても、キョーマさんはきっと許してくれない。)」
その後、1日1〜2回のペースでマリーからの電話が続く。呼んでいる限りは、生きている(動いている)証拠だ。
季節は11月の下旬。野宿しているせいもあり、ミラの服は表通りを歩くのが恥ずかしくなるほど汚れていた。
ミラに懐いた小猫は、一回り大きくなっていた。
「明日の東京地方、天候は雨または雪。最低気温はマイナス1度。この秋一番の冷え込みになります。」
テレビの天気予報が気になるキョーマ。
「(こんな寒い夜に、あいつはどこで何をやっているんだ。)」
夜更け、大きな橋の橋脚の下に座り込むミラ。時々上を通る車のタイヤの騒音。
「(キョーマさん、わたし、寂しい・・。早く探しに来て!)」
3日も同じ場所にいたので、給水に行く元気もない。既に2日前から給水の警告が出ていた。
人間と同じように人工筋肉の発熱により体温を維持しているため、防寒が不充分のまま運動しないと体温が低下する。コイルから電気は十分に供給されているが、ヒーターが内蔵されている訳ではない。
ミラの体温は既に10℃以下までに下がっていた。
身体能力が15%まで低下し、普通に歩くのがやっとの状態になる。動けば体温は上がるが、そうする気力も無くなっていた。
「ごめんね。ミーちゃん。もうご飯買ってあげられなくて。」
優しく猫の頭を撫でるミラ。部屋から持ち出した現金も既に無い。
「(キョーマさん、寒い。)」
「(わたし、もう、生きているのが辛いです。)」
「ごめんなさい。キョーマさん。」そう言って自分のコイルに手をかけるミラ。
やっとミラを呼び出す決心が付いたキョーマ。
携帯でミラの番号を選び、通話ボタンを押す。
「お客様のかけた番号は、現在、電源が入っていないか、通話圏外となっています。」
「ミラぁ!」キョーマが絶叫する。
この時初めてキョーマはミラに対して必要以上に冷たくした事を後悔する。
「(あいつ、何やったんだ・・。)」居ても立ってもいられないキョーマ。
「何だい、こんな時間に。」マリーがキョーマの電話に出る。
「あいつが・・あいつが止まっちまったんだよ。」半泣き声で話すキョーマ。
「だから言ったじゃないか。早く支度しな。」
「8時までは大丈夫だったんだ。そう時間は経っていないはずさ。」
「最後に呼び出した場所、調べておくからね。」
マリーがコオロギに連絡を入れ、一緒に捜索に向かう。
「水、持ってった方がいいな。」コオロギが事態を冷静に判断する。
場所は、半径2km程のエリアに絞られた。
「雨だからね、どこかで雨宿りしてるはずさ。人気のない所。橋の下が一番怪しい。」
動揺し切っているキョーマに変わって、マリーが冷静に捜索場所を絞り込む。
川に沿って5つの橋を周り、反対岸から逆周りにも確認する。
「なかなか見つからないねぇ。」
「どこにいるんだ。ポンコツ。」苛立つキョーマ。
「もう少し範囲を広げてみた方がいいんじゃないか。」コオロギが提案する。
「そうだね。」
1つ先の橋まで行く。
ライトの光に驚いたのか、突然猫が草むらから飛び出して逃げて行った。
「猫かよ。びっくりするな。ったく。」
念のため、猫が飛び出して来た方向をライトで照らすキョーマ。
河原の橋脚の下、草むらの隙間に見覚えのある白い小さなパネルがライトの光を反射するのが見えた。
「ミラぁーっ!」叫ぶキョーマ。残念ながらその声はミラには届かない。
自分のコイルを右手に握ったまま横たわるミラ。目は閉じたまま。
冷たくなったミラの上半身を後ろから抱きかかえるキョーマ。
「コイルは・・・。」
「こいつ自分で握ってやがる。」すぐに自殺だった事が判った。
固く握られた指を、1本づつ開くキョーマ。
「一応、予備のコイルも持って来たけどな。」後から来たコオロギが水の用意をする。
ミラの胸にコイルを装着して、起動スイッチを押すキョーマ。
20秒程経過。ミラが静かに目を開ける。
「キョーマさん。探しに来てくれたんですね。うれしいです。」
力無い手でキョーマの頬に触れるミラ。氷のように冷たい手。
「あたたかい。」
コイルが起動しても、体温低下と脱水でほとんど動けない。
「こんなに冷たくなりやがって。」
下からも大量に水が漏れた跡がある。
「ほらよ。」コオロギが水をキョーマに手渡す。
「すまんな。コオロギ。」
「凍ってたら脳がやられてたぞ。間に合って良かったな。」
「水だ飲め。ミラ。」
「キョーマさん、・・・、おいしい。」
「お前、こんな時にどっちに給水してるんだよ!」
「えへ。キョーマさんに早く喜んで貰おうと思って。」
「お前、ホント、ポンコツだよな。」半分泣きながら更に水を飲ませるキョーマ。
「わたしを許してくれるんですか?」
「もういいんだ。帰って来い。」
「俺が悪かった」とは言えないキョーマ。
「うん。」堰を切ったように泣き出すミラ。
「キョーマ、アンタ幸せ者だよ。」
「こんないい子、人間でもそう滅多にいないよ。今度酷いことしたら、私が許さないからね。一生大事にしてやりな。」
マリーの痛過ぎる一言がキョーマに突き刺さった。
「まずはラボに戻ってドックインだな。」
「コオロギ、頼む。」
「こっちが火傷しそうで、見ちゃいられないねぇ。」
「全くだ。」
「先に帰ってお風呂用意しておくから、後で来な。」
「水置いとくぞ。」
コオロギが2Lのペットボトルを地面に置いて、マリーと共に先に引き上げる。
5分ほどかけて、キョーマがペットボトルがほぼ空になるまでミラに水を飲ませる。
「歩けるか。ポンコツ。」
自分で立ち上がろうとするミラ。
「まだちょっと力が入りません。」
「俺の背中に乗れ。」
座った状態でミラを背負い、立ち上がるキョーマ。
ミラの胸が当たる背中と、太股を支える両腕に、異様に冷たい感触が伝わる。
とても生きている人間を背負っている感触ではないキョーマだった。
「あったかい。」
「俺はむちゃくちゃ冷たいんだけど。」
「帰ったら、椿に謝りに行こう。」
「うん。」
「キョーマさん。」
「なんだ?」
「一つお願いがあります。」
「言ってみろ。今なら何でも聞いてやる。」
大見得は切ったものの、一寸体の改造の事を言われるのを畏れるキョーマ。
「猫、飼ってもいいですか。」
「はぁ?そんな事でいいのか。好きにしろ。」
「わたしとずっと一緒にいてくれた小猫なんです。」
「あの猫か。居なかったらたぶん、そこ通り過ぎてたぞ。命の恩人だな。」
「ミラ、今、最高に幸せです。」
「どうでもいいけど、お前、ケツがべちゃべちゃだぞ。」キョーマの腕から泥まみれのしずくが落ちる。
「もぅ、恥ずかしいです。」
「おねしょした事は、秘密にしといてやるよ。」既に他の二人にはバレている。
「キョーマさんの意地悪。」
「なんかお前の胸の辺りだけ暖かいな。」
「わたしのオッパイは、ミルクを温めるためのヒーターが付いているんです。」
「無駄な機能ばかり付いてんな。」
「無駄じゃないです。ちゃんと役に立つ機会がありますよ。」
「胸、大きくなったままだな。たまにはコオロギにサービスしてやるか。」
雨が雪に変わり、空が少し明るくなって来た。
「遂に雪になったか。あ〜、まじで死にそうなくらいい。」
「キョーマさん。」
「なんだよ。」
「大好きです。」
「・・。(俺は何と返せばいいんだ?)」キョーマは言葉に詰まった。
「あぁ、判ってるさ。」
「俺もだ」とはまだ言えないキョーマだった。
戻る


File 720  猫回収屋


半日ミラをマリーのラボでメンテナンスさせた後、キョーマがミラを迎えに来て、一緒に猫を探しに出掛けた。
河川敷の運動場の脇に車を止める。
ミラが探しに行っている間、キョーマは車の中で待った。
30分程で、ミラが茶色いブチの小猫を抱えて戻って来た。
「ミーちゃんって言うの。メスなの。」
「お前が名前を付けたんだろ。紛らわしくないか?」
「キョーマさん、滅多にわたしを名前で呼んでくれないじゃないですか。」
キョーマが墓穴を掘った。何も言い返せない。
「ミーちゃんのご飯買ってこなきゃ。あと、餌入れと、トイレ用の砂場も。」
「じゃあ、ホームセンターだな。」
「うん。」
「ミーちゃんの家、欲しいです。」
「犬じゃないんだから、小屋はいらんだろ。」
「私の部屋だと、夏の日中は暑くてダメです。」
「俺の部屋はダメだ。」
「じゃあ、わたしの部屋の下に作りましょう。」
「あぁ、そうだな。それがいい。下からお前の部屋に入れるように改造しろ。」
「それ、いいですね。やってみます。工具貸してくださいね。」
ホームセンターで材木とペンキも買い、家路につく。
今日のキョーマは、いつもより優しく感じたミラだった。
ダッシュボードの雅の写真は片付けた。部屋の写真も、普段ミラの目の届かない所に移動した。
また新しい生活が始まる。
まだやらなければならない事はあるが、期待に胸が膨らむミラだった。
戻る


File 730  椿への謝罪


「あら、ミラちゃん、キョーマさん、いらっしゃい。」
「椿さん!本当に申し訳ありませんでした。」土下座するミラ。
「もう、いいから上がって。今お茶入れるわね。」
「おじゃましま〜す。」
「もう気にしなくていいのよ。私は念願が叶った訳だし、却ってお礼が言いたいくらい。」
「ホントこの子、ロボットにしておくのは勿体ないくらい、凄い子だわ。」
「だいぶ大きくなったな。」
「今7ヶ月半よ。最近、結構腰に来るのよ。楽になるまであと3ヶ月近くあると思うと、結構しんどいわね。」
「最後が一番辛いな。」
「立ち会ってくれるの?出産。」
「どうすっかな。」顔を背けるキョーマ。
「怖いんでしょ。」
「馬鹿言うなよ。」図星ですとは言えないキョーマ。
「キョーマさん、本当は赤ちゃんの顔見るの、楽しみにしてるんでしょ。」
「まぁ、どんな顔してるのか、興味はあるな。」
「キョーマさん、いっつも素直じゃないんですよ。」
「うるせっ!」
「ミラちゃん、家出してたんですって?元気に戻って来てくれて、ホント良かったわ。」
「ご心配おかけしました。」「実はわたし、自殺したんです」とは、流石に言えないミラ。
「しばらくお泊りに来てくれなくて、みんな寂しかったのよ。また来て頂戴ね。」
「いいんですか!嬉しいです。」
「そうだ。赤ちゃん生まれたらミラちゃんにベビーシッターに来て貰いましょ。」
「ミラちゃん、ほ乳びん無しで授乳できるんですってね。バイト代弾むわよ。」ミラにウインクでサインを送る椿。
「(なんでその事を。。)」これ以上話を広げられたくないキョーマ。
「次は、男の子が欲しいかな。」
「悪い冗談はやめろよ、椿。」
「あ〜ら、冗談とは限らないわよ。その時は、ミラちゃん、またよろしくね。」
「はい、判りました。」
「お前も軽々しく返事するな、コラっ!」ペシっとミラの頭を叩くキョーマ。
おちゃめに舌を広げて出すミラ。
戻る


File 800  お泊り会再開


久しぶりにミラがお泊り会に出掛ける日。
「椿んところで、お前らどんな事してるんだ?」
ミラが椿の部屋で色々とスケベな体験をしたり、余計な知識を貯えている事をキョーマは確信している。
「それは秘密ですから、例え相手がキョーマさんでも、絶対に教えられません。」
「俺は蚊帳の外かよ。」
「もしよろしければ、キョーマさんも一緒にお泊りどうですか?」
「皆さんの同意が必要ですけど、椿さんなら喜んでくれそうな気がします。」
「・・・。」キョーマの脳裏に酒池肉林の光景が目に浮かんだ。
「いや、俺はやめとく。お前だけで十分だ。」
「え・・。今の、もう1回お願いします。」
「(しまった!)気のせいだ。忘れろ。」
「でも、録音残ってますよ。」
「消せ!消さないと部屋に入れてやらんぞ。」
「絶対嫌です。もうバックアップ取りました。」
「キョーマとの大切な思い出(=キョーマの弱み)」カテゴリにデータを保存したミラ。
「消せ、こらぁ!ポンコツ。」キョーマがミラの頭をもみくしゃにする。
ミラが頭を押さえられながらしゃがみこむ。
「今、you tubeに上げました。」
「何やってんだ。マジかよ。」口を開いて愕然とするキョーマ。
「嘘ぴょーん。」立ち上がって手櫛で髪を直すミラ。
頭を抱えて立ち尽くすキョーマ。
「じゃ、キョーマさん、行って来ま〜す。」
「もう帰って来るな。」効果の無い捨て台詞で反撃するキョーマ。
お泊り会は再開されたが、ミラは子守りをしている時間がほとんどとなり、
他の3人も、おしゃべりがメインで、あまり過激なプレイはしなくなっていた。
ただ、寝る前の宴会のミラの「パイ酒」だけは、相変わらず毎回欠かせない余興となっていた。


実は・・・これの未公開部分を入れた同人誌(コピー誌)を作ってみたのだが、見事に(ほぼ全て)売れ残った。

置いて貰った場所(ジャンル)のせいもあるかとは思うが、作品の認知度の低さが致命的のようだ。
(決して同人誌の出来が悪いせいとは言わないし、言わせないw)

トナー代正味1万円かけて、経費も出ない。何より、これをどうやって処分しようかというのが悩みの種。
コミケ会場東館に出展予定のサークルさんに委託をお願いしたい所。
送料140円+言い値(後払い)でいいので、気になる人はメールください。


戻る

ディメンションW(メインページ)へ戻る