動物心理学・『にゃー』じゃ判らん!

峠の虎
TOPページへ戻る

日野台4丁目のストリート・キャット:ニャーゴとその家族たちの軌跡



NYAGO00.jpg - 71,270Bytes

は好きですか?

を撫でた事がありますか?

を抱いた事はありますか?

に餌をあげた事がありますか?

に引っ掻かれた事がありますか?

の首根っこをつまんだ事はありますか?

かわいがっていたに死なれた事がありまあすか?


「ストリートキャット」

 誰が飼い主という訳でもなく、心ある人々から餌を貰って元気に生き続ける野良猫を、 仮にそう呼ぶ事にしよう。

彼女の名前は「ニャーゴ」

 雑種で戦車の迷彩色のような茶色のまだら模様は、雑巾猫とも言われているようだが、洋名では トーティシェルと言うらしい。(NIFTY某所にてmomoさん曰く)
 ニャーゴとは、私だけがそう呼んでいる。いや、実際には呼び出す時に「ニャぁ、ニャぁ」と 言っているだけだから、誰もニャーゴとは言っていないのだが。
 ニャーゴのボーイフレンドのミースケ君の飼い主である I 家の奥さんは「こぶち」と呼んで いるし、毎日ニャーゴに餌をやっているお隣のMさんは何と呼んでいるのかすら知らない。
 そんな近所の猫事情を思いつくままに記録に留めてみる事にしよう。
フォトグラフ
第1章 訪問者ニャーゴ(〜1998.4)

第2章 ニャーゴの入院生活(1998.6〜7)

第3章 ニャーゴの子供達(1998.8〜9)

第4章 隣のニャーゴ(〜1999.10)

第5章 ニャーゴとその仲間たち

雑記帳
その1 気まぐれ猫日記・1(1993〜1999.12)

その2 気まぐれ猫日記・2(2000.1〜2000.6 随時更新)

その3 猫辞苑


TOPページへ戻る

メールの宛て先はこちら:mailto:HGC00477@nifty.ne.jp_