風雲!八王子城

八王子城地図を更新しました。
山歩きのための森林法講座の記事を追加しました。

八王子城攻略日記11月13日の陣場軍道伐採跡事前偵察ミッションをアップしました。
12月4日(第2回)のミッションにより、陣場軍道伐採跡は仮開通しましたが、 土石の崩落により、谷筋100mに渡って完全に古道が消失しています。

    「この城は、何でこんな酷い事になっているんだ?」
現在も林野庁の国有林伐採作業による戦国古道の破壊が進んでいます!
八王子市「八王子城跡保存管理計画書」の独自評価を公開
評価結果に文化財課は事実上のゼロ回答!再び全面対決状態へ移行
八王子城の今後について

<今月の表紙>

 先月、搦め手の沢測量をした際に、青龍寺の滝への分岐点近くに池の跡と見られる遺構と、 そこに搦め手道より続くしっかりした緩い坂道を確認した。 この辺りは河岸段丘を含む緩斜面が広がっており、 屋敷や兵舎などの建物が多く建っていたものと思われるが、 水の手を確保する遺構が残っている事で、それらが実在した可能性を確かなものにする。
 写真は池前の一段高くなっている平場から沢の上流方向を見る(2時間以上かけて倒木退治や下刈りをした状態)。 右側が下流で、曲輪状の2m程の高さの高台が沢筋まで迫っており、 かつては池に水を溜めるための堰があったはずであるが、 現在は堰の跡と見られる大きな石が並んでいるだけで、それが人工的なものかどうかも判断が難しい。 高台の池側の縁には、一部に高さ30cm程度の土盛りが残っており、 水嵩を稼ぐ目的で構築されたのは明らかである。
古い表紙を見る。

トピックス(2017/05/10更新)

<八王子城関連のミッション・ツアー>
●心源院大六天〜搦め手間道(新人研修2名)
・日程:4月16日(日)−−−>終了
・参加人数:4名
・行程:心源院クラブベース〜小田野旧道峠〜大沢郵便局前堀跡〜大沢川北沢谷戸尾根周回(昼食)〜 小田野城〜心源院堤〜深沢林道〜大六天東丸陣地北竪堀〜 大六天〜向山砦〜心源院クラブベース〜奥平(ハリエンジュ退治)
●細久保谷(棚沢の滝)の沢登り(倒木等の除去作業を伴います)
・日程:4月下旬−−−>4/30終了(進度80%程度)
・行程:滝ノ沢林道〜細久保谷の沢登り〜棚沢の滝(下段)〜沢登り(横沢の滝下)〜 棚沢の滝(上段の下)〜間道大倒木前〜間道分岐〜細久保谷道下り
●滝ノ沢川の沢登り
・日程:4月下旬〜5月上旬−−−>当面延期の予定
・行程:滝ノ沢林道〜滝ノ沢川の沢登り〜滝ノ沢林道5合目分岐〜滝ノ沢林道下り (ルートが変更になる場合があります)
●陣場軍道を歩く(倒木、伐採放置木の除去作業あり)
・日程:5月28日(日)
・参加人数:3〜5名程度
・行程:心源院クラブベース〜松竹橋(一部合流)〜搦め手道〜細久保谷〜棚沢の滝(下)〜間道〜 棚沢の滝(上)〜馬冷し場〜陣場軍道下り(途中昼食)〜滝ノ沢林道登り〜板当峠〜滝ノ沢林道下り〜 松竹橋(一部解散)〜心源院クラブベース
(ルートが変更になる場合があります)


・集合:心源院クラブ小屋前9:40頃
・主催:GOME
・募集人数:若干名(左記のメールアドレスへ連絡)
・参加費:無料(作業が予定されるツアーは原則無料です)
・初参加の方は、陣馬街道手前・川原宿大橋バス停でピックアップします。 (JR高尾駅北口バス乗り場1番、美山町行き9:18発/9:27着、250円)
・陣馬街道・松竹バス停で合流の方は、JR高尾駅北口バス乗り場1番、大久保・陣馬高原下行き 9:34発/9:46着、280円。

 ※作業は合法の範囲内で行いますので、直接関連が無ければ公務員の方の参加も可能です。
  普段山歩き等に持ち歩いている装備の持ち込みは自由です。


<八王子市「八王子城跡保存管理計画書」の仮評価を公開>
 平成27年2月に「国指定史跡八王子城跡保存管理計画書」が発行(改定)されていますが、 担当の文化財課では、計画した項目に対して実施期限を設定せず(2年毎に改定なので、 未実施項目はそのまま次の計画に持ち越され、半永久的に実施される事はありません)、 年度末に実績を評価される事すらありません。
 この結果、「国有地にある遺構が全く調査・保全の対象にならない」「公的研究者が自主的な調査に入れない」 「国史指定前の国有林で貴重な古道が林野庁の伐採作業で破壊される」など、重大な支障を来しています。
 各計画項目に対して厳しく評価を行い、その結果を八王子市長に対して報告し、 根本的な改善が約束されない場合は、文化財保護法違反として行政訴訟を行います。

 現在、以下に仮の評価データを公開しています。
八王子城の今後について
■心源院クラブ(山里整備ボランティア)隊員募集中!

 週末の天気の良い日に、お寺の境内の奥、カタクリ群生地手前の外来植物(ハリエンジュ、アレチウリ) の駆除を初夏にかけて順次行っています。お気軽にご参加ください。
 写真右はアレチウリの若葉。刈らずに除草剤クサクリア(グリサポート系)の25倍希釈液をかけて効果を確かめる。 アレチウリ駆除の前哨戦は5月20・21日頃の予定です。多数の参加をお待ちしています。

去年猛威を振るって枯れたアレチウリ。厄介なハリエンジュをも覆いかぶさって枯らしてしまう凶悪犯

『八王子城精密ルートマップ』(2016年版)発売中!

 8年の歳月と、最高レベルのデジタル処理技術を集約してもなお全貌が見えない広大な八王子城。 八王子城の裏の裏までしゃぶり尽くす、唯一無二の『超・公式地図』。A1版4枚組。 定価2000円+税。八王子市内の書店を中心に発売中です。

読売新聞4月28日多摩版にトップで掲載されました。

   取り扱い店・正誤表


アマゾンでは出版社丸毎、不当な取り扱い制限 「Amazon八分」を受けているため、
大変購入しにくくなっています(怒)
楽天ブックス (在庫あり/送料無料)他をご利用ください。

2017年版はありません。現時点での予定(在庫状況)では、 2024年になります。
皆様の多大なる応援をよろしくお願い致します。
<重大ニュース>(2017/02/11更新!)
  林野庁の国有林伐採作業による戦国古道の破壊が進んでいます!
 滝ノ沢林道の上部には、八王子城要害地区(馬冷し場)から始まる上下2 本の古道があることが古くから知られ ています。上の道は陣馬山方面に繋がる軍道、下の道は滝ノ沢左岸陣地・青龍寺谷左岸陣地(滝の上大水平道)・ 大沢砦へと繋がる戦国時代の砦を結ぶ連絡道で、八王子城と同時期に構築されたものと考えられます。
 林野庁 関東森林管理局 東京神奈川森林管理署(平塚市)の計画により、2012 年頃から滝ノ沢地区の国有林の 伐採が進められていますが、これらの古道のほとんどは国史指定地域から外れており(※1)、 林野庁が遺構の存在を配慮せずに伐採作業を行っています。伐採時には、斜面に使い捨ての林道を標高約50m毎に作業道を掘削する 工事が行われており、これにより上の道の2ヶ所で大規模な破壊が確認されました。 また、切り捨てられた杉が古道を塞ぎ、通行に支障が出ています。 2016年度も東部で掘削工事があり(※2)、早急な対応が必要です。
  ※1:現在国史指定されているのは、八王子城の総縄張りの面積の10%に過ぎません。
  ※2:昭和時代の滝ノ沢林道の造成時に、既に大規模な古道の上書き破壊が行われています。

 山腹を水平に近く巡る古道跡には、岩を砕いた切り通しや石垣、自然では有り得ない石の散乱地帯が 点在しています。この遺構は近世のものではなく(ましてや林業関係ではない)、城中心部と山上の各拠点を 結ぶ軍道や連絡道として作られた事は明白です。 急斜面では既に道のほとんどが失われていますが、尾根の先端などに僅かな痕跡を見ること出来ます。 また、林野庁の国有林の地図には、その痕跡と思われる道筋が描かれています。
 史跡遺構の保護責任は八王子市文化財課(最近は糞メールの返信しか来ない。頼むから仕事してくれ。 文化庁や東京都教育委員会の指導管理下)にありますが、 史跡範囲に加えるでも、林野庁と交渉するでもなく、破壊行為をただ漫然と放置しています。 林野庁や文化庁には苦情を伝えていますが、対応される可能性はほとんど無く、今後も場所を変え、 次々と破壊行為が行われるのを黙って見ているしかないのが現状です。
 状況打開のためには、八王子市民自らが中心となって、保護活動を推進して行くしか無さそうです。 一人でも多くの人が現場を見て、怒りの声を上げて、行政の怠慢や横暴を正していくしかありません。

   

   

 

陣場軍道破壊状況報告書(PDF版) (2016/05/11版)(旧版

地図のみ(2928*1380) (2016/05/11版)

伐採計画地図


<八王子城ニュース>
●2017年3月末、城址管理棟(外観とトイレ)がリニューアルオープン。ガイド待機場所が管理棟に戻る。
●2016年、滝ノ沢林道東側終点広場より、林野庁の伐採作業に伴う使い捨て林道の掘削工事が行われ、 水平古道(陣馬軍道)が100m以上に渡って掘削破壊と急斜面の土石による埋没の被害を受けました。
●2016年3月26日、御主殿前の曳き橋が架け替え工事を終って開通しました。
●2013年9月頃、地元の中学生の集団の犯行と見られる仏像倒壊事件 が発生しております。
●2013年4月14日に、御主殿跡の整備工事が完了し、復元庭園がオープンしました。
●2012年10月20日に、現在の駐車場下にガイダンス施設がオープンしました。
※旧ウィルコムの携帯(070-)は現在もまだ圏外になりますので、待ち合わせの 場合はお気をつけください。元そば屋・尾張屋さん辺りまで下がると通話可能です(以前より悪化)。 市には以前から苦情を入れていますが、改善の見込みは無いです。 (住宅隣接地なのに携帯が圏外になる観光・文化施設は聞いたことがない。ちなみに、秘境・青龍寺 の滝の上では通話可能と言う訳判らん状態です。)
●土日祝日に限り、JR高尾駅北口より「八王子城跡」行きバスが出ています。 (朝7時より約1時間に1本。10時から毎時02分発)
●2012年8月より、石原東京都知事の命による杉花粉対策の伐採作業が行われ、 新しい植林が成長するまでの間、景観が楽しめます。(伐採範囲は右のマップ参照)。
●2011年の台風による倒木により、旧道が通行止となっていますが、危険な倒木の処理は 終っており、現在は安全に通行可能なレベルまで回復しています。 (道は雨水の侵食で深く掘れて荒れてます)
●2012年1月より、ガイドボランティアが増強されました。(実動15名→約33名)
●2011年9月21日の台風の被害により、各ルートにて倒木が多数発生しています。
クリックで拡大

<八王子城関連の裁判>
●2013年3月28日、水路状敷石遺構の保全作業申請を八王子市が受け取りを拒否した件について、
 4月19日、東京地裁に処分を不当とする訴状を提出しました。
●7月16日付で、東京地裁民事第2部より、1審却下の判決が出ました。
●8月1日、東京高裁宛に控訴状を提出しました。
●10月29日付で、東京高裁第16民事部より、控訴棄却の裁定が出ました。
 日本の裁判所は、行政には大甘です。行政訴訟にこそ裁判員制度の導入を!
  ※訴訟関係資料は、準備出来次第無料公開の予定です。

行政問題相談業務を始めました。(2013.04.21)

あの城を守れ!

「八王子城1000人隊」
隊士募集中!
<PR>日本再生プロジェクト

日常型の婚活システムで
誰でも結婚出来る社会の実現を!